★Beat Angels

前途は遠かった。でもそれはどうでもいい。道こそが人生だからだ。 - Jack Kerouac

徹底討論!はたして金田一耕助は名探偵か?

少年時代、誰でも一度は名探偵にあこがれたことがあるのではないでしょうか。私もホームズ、ポアロ明智小五郎が活躍する探偵小説を夢中で読み漁った口です。しかし年を重ねて金田一耕助の名前が連なったあたりから一つの疑問が頭をもたげ始め、探偵小説が素直に読めなくなりました。

その疑問とは、そもそも探偵というのはどういう仕事なのか、というものです。

事件の発端と結末だけに着目してその関係性を分析してみました。対象は金田一耕助が活躍する代表作3つです。
その結果を図に示します。



経緯をあえて省略してみると、衝撃の事実が発覚します。それは金田一探偵は事件を全く阻止することができない、ということです。本来、依頼人は事件を未然に防いでほしいはずで、これから発生であろう事件の謎を解明してほしい、というわけではないはずです。少年らしい正義感から生まれる素朴な疑問と言えるでしょう。

そしてある日、その疑問は不思議な形で解決しました。それはもしも金田一がさらにパワーアップして事件を完全に予見できて、それらをすべて完全に防止できたらどうなるんだろうか、という自問です。当然、登場人物は全員無事で、犯行はすべて未遂に終わります。そしてさらに自問は続きました。そんな探偵小説を読みたいか、というものです。

私の出した答えは「いいえ」でした。この答えにたどり着いた時、私は大人の階段を一段上ったような気がしました。それ以降は全く気にせず普通に探偵小説を読んでいます。