読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

シラーの詩、のようなもの

 みなとみらい線みなとみらい駅からクイーンズスクエアに向かう長い長いエスカレータに乗るとこの巨大な黒い壁が見える。 

  f:id:taamori1229:20160303223647j:plain 

 これはれっきとした芸術作品でタイトルは"The Boundaries of the Limitless"。美術家のジョセフ・コスースという人の1997年の作品だそうだ。

 この壁に書かれているのはベートーベンの第九の原作者として有名なシラーの詩である。ドイツ語とともに日本語が壁に彫り込まれている。

 

                                樹木は育成することのない
                            Der Baum treibt unzählige Keime,


                                      無数の芽を生み、
                          die unentwickelt verderben, und


                               根をはり、枝や葉を拡げて
               streckt weit mehr Wurzeln, Zweige und Blätter


                       個体と種の保存にはあまりあるほどの
          nach Nahrung aus, als zu Erhaltung seines Individuums


                                       養分を吸収する。
                      und seiner Gattung verwendet werden.


                          樹木は、この溢れんばかりの過剰を
                     Was er von seiner verschwenderischen Fülle


                   使うことも、享受することもなく自然に還すが
        ungebraucht und ungenossen dem Elementarreich zurückgibt,


                            動物はこの溢れる養分を、自由で
                           das darf das Lebendige in fröhlicher


                       嬉々としたみずからの運動に使用する。
                 Bewegung verschwelgen. So gibt uns die Natur


                         このように自然は、その初源からの生命の
                            schon in ihrem materiellen Reich ein


                          無限の展開にむけての秩序を奏でている。
                            Vorspiel des Unbegrenzten und hebt


                          物質としての束縛を少しずつ断ちきり、
                  hier schon zum Teil die Fesseln auf, deren sie sich


                      やがて自らの姿を自由に変えていくのである。
                          im Reich der Form ganz und gar entledigt.


                                 フリードリヒ・フォン・シラー
                                       Friedrich von Schiller

 

 タイトルが書かれていないのは、これが詩として書かれたのではなく、誰かに送った書簡に書かれた一節だからである。

 この形式がちょっと気に入ったので借りてみてそこに勝手に自分の詩を充ててみた。

 

                      通り過ぎて振り返ればその季節の短さに
                         Der Baum treibt unzählige Keime,


                            人は黄金色の枯葉をみるだろう
                          die unentwickelt verderben, und


                                青春とは振り返って気がつく
                 streckt weit mehr Wurzeln, Zweige und Blätter


                          夕映えの晩鐘なのかもしれない
           nach Nahrung aus, als zu Erhaltung seines Individuums


                                  懐かしい学生街の
                  und seiner Gattung verwendet werden.


                                 懐かしい古本屋の
              Was er von seiner verschwenderischen Fülle

 

                              妙に暖かい活字たちよ
  ungebraucht und ungenossen dem Elementarreich zurückgibt,


                       君たちのページの中にはいつも
                  das darf das Lebendige in fröhlicher


                   黄金色の枯葉がはさまっている
          Bewegung verschwelgen. So gibt uns die Natur


                           そして君たちの行間からは
                    schon in ihrem materiellen Reich ein


                         いつも寂しい晩鐘が聞こえる
                     Vorspiel des Unbegrenzten und hebt


                          あの貧しい学生達をなぐさめ
          hier schon zum Teil die Fesseln auf, deren sie sich


            素朴な学生気質を育んだ遠い遠い晩鐘が聞こえる
                  im Reich der Form ganz und gar entledigt.


                                 ビート天使たち
                                    Beat Angels

 

ドイツ語だからできる技と言える。