読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

最優秀ハカセ大賞

 ハカセ大賞なる選考会を開催する。博士ではなくハカセ。これがどういう大賞なのかを明快に説明することは難しい。というかはっきり言って考えがまとまっていない。まずは選考条件を列挙するのでそれからイメージとして推測されたい。

 ハカセ大賞の選考条件として次の6つを挙げた。

 

1. 眼鏡をかけている(20点)
 ハカセとしてのトレードマークである。

2. 主人公ではない(10点)
 ハカセは体育会系のヒーローとは対照的な位置にある。

3. 主人公とは強い友情で結ばれている(10点)
 主人公を作り出した、改造したとか、主人公に対して強い権限を持つ立場にあってはいけない。あくまで主人公とは友人、同僚など対等な関係の中で友情と信頼感で結ばれていることが重要である。

4. 実際に博士号を取得している訳ではない(10点)
 これは悩ましかったのだが、まず、その道の権威とかであってはいけない。それでいてみんなから尊敬を集めている、という点を重要視したい。せいぜい町内会レベルの小さな世界観の中にあることが望ましい。

5. 明晰な頭脳で主人公をサポート(40点)
 素晴らしい着想・発想・発明で窮地に陥った主人公を救う。これが最大の要件であり配点も高めにしてある。

6. 気さくでひょうきんな一面あり(10点)
 まじめなだけではだめ。基本的に楽天家であること。優れた知性の半面、愛らしい癖や欠点も持ち合わせている。そして時々、失敗もする。

 

 さて、今回古今東西からノミネートされたハカセ大賞候補者は次の10名。

 

①天馬博士(鉄腕アトム

 f:id:taamori1229:20170226210858j:plain

お茶の水博士と紛らわしいがこちらがアトムの製作者。自己中心的な野心家でアトムとも敵対する。

 

お茶の水博士(鉄腕アトム

 f:id:taamori1229:20170226210921j:plain

アトムの育ての親。天馬博士とは対照的に優しく人情的な科学者。

 

③一之谷博士(ウルトラQ

 f:id:taamori1229:20170226210942j:plain

ウルトラシリーズからノミネート。怪獣・怪現象を科学的な見地からやや無理矢理に解説し物語にリアリティを与えている。口ひげには威厳があり白衣もよく似合う。

 

④ギルモア博士(サイボーグ009

 f:id:taamori1229:20170226211030j:plain

悪の秘密結社ブラックゴーストに属してサイボーグ兵士計画を推進。その後良心の呵責から造反して009たちと脱走し、ブラックゴーストに立ち向かう。

 

則巻千兵衛(Dr. スランプ)

 f:id:taamori1229:20170226211102j:plain

 アラレちゃんの産みの親である天才科学者。しかし作り出すものにはどこか詰めの甘さがみられる。

 

死神博士仮面ライダー

 f:id:taamori1229:20170301214858j:plain

マッドサイエンティスト界からのノミネート。敵役までノミネートするとは数合わせ以外の何物でもないがこの強烈な個性と存在感は捨てがたい。

 

⑦ブレインズ(サンダーバード

 f:id:taamori1229:20170301214932j:plain

グローバル枠からのノミネート。国際救助隊のメカはすべて彼の設計・開発によるもの。時折出てくる秘密兵器が国際救助隊の窮地を救う。写真で手にしているのは幻のサンダーバード6号の試作品。

 

⑧ハカセ(ひょっこりひょうたん島

 f:id:taamori1229:20170226211132j:plain

日本の人形劇界からノミネート。メガネをかけた緑色の少年がそれ。小学生ではあるが学者並みの知見を有する。ちなみに声の出演は中山千夏

 

⑨ハカセ君(おばけのQ太郎)

 f:id:taamori1229:20170226211154j:plain

 だぼだぼの学生服が特徴。頭脳明晰な少年科学者。お人好しで学術以外では間が抜けていることが多い。

 

⑩中島君(サザエさん

 f:id:taamori1229:20170226211215j:plain

 ご存じ国民的アニメからノミネート。これといった取柄はないがカツオ君との友情には定評がある。

  さて審査結果である。

 

f:id:taamori1229:20170301215346p:plain

 見事満点で大賞を受賞したのはひょっこりひょうたん島、そしてオバQの両ハカセであった。ほぼ予想通りである。名前だけで予想できた、ともいえる。

 そして次点はサンダーバードのブレインズ。実際に博士号を持っていることだけが減点対象であった。

 最下位は予想通り天馬博士と死神博士。これも当然の結果である。

 そして残念なのが中島君。ほとんどの項目で条件は満たしたものの、頭脳の部分で大きく点数を落とした。しかしよくよく考えてみればカツオ君はヒーローでも何でもないのだから当たり前ともいえるだろう。彼にとってはノミネート自体が迷惑な話であった。