★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

▮追悼:元阪急スペンサー氏

  アメリカから元阪急のスペンサー氏の訃報が届いた。

 スペンサーと聞いて思い出すのは昭和42年の日本シリーズでの巨人ー阪急の第6戦の巨人・星投手との死闘である。ここで簡単に振り返ってみたい。

 その年のペナントレースの終盤、巨人の星投手は大リーグボール1号を阪神の花形にホームランされた。鋼鉄のバットで鋼鉄のボールを打つという秘密の特訓の結果であった。大リーグボール1号はバットを狙ってボールを投げて凡打に収める変化球だが、花形はそれを逆手に取り、バットに命中した瞬間にバットを振り切るという秘策で挑戦してきたのだった。

 

 f:id:taamori1229:20170108151705j:plain

 

 さてその年の日本シリーズは巨人ー阪急の対戦となったが、阪急の西本監督は星投手の大リーグボール1号の攻略法として、秘密裏にとある選手に花形と同じ特訓をさせていた。

 それが他ならぬスペンサー選手であった。自ら志願して決死の特訓を受けたのであった。

 

 f:id:taamori1229:20170108145553j:plain

 そして、星投手は大リーグボール1号で勝負をかけた。

 

 f:id:taamori1229:20170108145753j:plain

 星投手はすでにこの花形打法に対抗するための作戦を立てていて伴捕手とともに秘密の特訓をしていた。それは揺れる船の上で釣り糸に垂らした50円玉をめがけて投げるというものであった。

 

 f:id:taamori1229:20170108150223j:plain

 さてスペンサーとの勝負は?

 

 f:id:taamori1229:20170108150506j:plain

 星投手はバットの本体ではなく、グリップエンドを狙ったのだった。スペンサーのバットのグリップエンドにはイニシャルの”S"が刻まれている。スペンサーはこの後、素直に敗北を認め、すがすがしい笑顔で勝者である星投手に賛辞を送った。

 昭和42年と言えば半世紀前のことである。スペンサーはこうして残念ながら星投手には敗れたものの、鉄バットの特訓を自ら志願し果敢に和製大リーグボールに挑戦した。筋金入りの本場の大リーグ魂に敬意を表したい。ご冥福をお祈りする。