★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

懐中時計展

 町田市立博物館に懐中時計展を見に行ってきた。

魅惑の小宇宙!懐中時計展/町田市ホームページ

 

  f:id:taamori1229:20160124212707j:plain

  f:id:taamori1229:20160124212738j:plain

 閑静な住宅地にある小さな博物館。常設展もない。今回は博物館が保有している100個余りの懐中時計を展示していた。ちなみに館内のカメラ撮影は許可されている。

 一番歴史のある時計はこれである。1700年頃のフランス製。

   f:id:taamori1229:20160124213140j:plain

 当時は時計の精度がひどかったので、分針を使う意味がなかった。よって時針しかない。

 その後分針が登場してからのオーソドックスな懐中時計。まずは19世紀のイギリス。

  f:id:taamori1229:20160124213432j:plain

  20世紀前半、イギリス。

  f:id:taamori1229:20160124213516j:plain

 19世紀、イギリス。

  f:id:taamori1229:20160124213551j:plain

 さてこれらの時計を眺めて気が付くことがないか?

 数字の4に注目。ローマ数字のⅣが違っている。一説によると当時の国王(XXX5世)がⅣをみて作り直させたらしい。5から1を引くとは何事か、と。

 さて、今でもそうだが、時計は内部のメカ構造が美しいのでそれをスケルトンとしてデザイン化した時計は当時からあった。 

  f:id:taamori1229:20160124214456j:plain

そして、さらにそれを発展させたものがこちら。

  f:id:taamori1229:20160124214609j:plain

  f:id:taamori1229:20160124214639j:plain

 どちらもキューピッドが左右に二人彫り込まれている。ある時間になると鐘をつく動作をして実際に音が鳴るという優れものである。

 もう少し時代が進むと機能面で進歩がみられるようになる。まずは、カレンダー表示。

 f:id:taamori1229:20160124215001j:plain

2つの時計として使えるタイプ。

 f:id:taamori1229:20160124215303j:plain

そして3つ・・・。

 f:id:taamori1229:20160124215140j:plain

 そして針がなく、数字だけを表示するタイプ。これが現代のデジタル表示につながったのであろう。 

 f:id:taamori1229:20160124215433j:plain

 そして懐中時計は高級な装飾が施される。まずは風景画から。

 f:id:taamori1229:20160124215702j:plain

 f:id:taamori1229:20160124215830j:plain

まずはこのような牧歌的なテーマから始まったのであろう。しかし、自然な流れで美女がテーマとなっていく。

 

 f:id:taamori1229:20160124220023j:plain

 f:id:taamori1229:20160124220102j:plain

 はじめはこのように風景画の延長とも見て取れるが、やがてもっと細密な肖像画に代わっていく。エナメルの色彩が今でも色あせずに美しい。

  f:id:taamori1229:20160124220206j:plain

  f:id:taamori1229:20160124220317j:plain

  f:id:taamori1229:20160124220404j:plain

 これがひと段落すると、

  f:id:taamori1229:20160124220456j:plain

 こういう流れが始まり・・・

  f:id:taamori1229:20160124220524j:plain

 そして・・・

  f:id:taamori1229:20160124220614j:plain

 こういう流れになるのである。

 さて日本における懐中時計はというと戦後から。これが日本精工舎(現在のSEIKO)による国産懐中時計である。赤字などは捺印であろうか、手作りのぬくもりが伝わってくるようだ。

 

  f:id:taamori1229:20160124230139j:plain