★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

海の子

 

水平線をみてしまったら
だれもが海の子になる

海の子は
大切な無数の思い出たちを
渚に捨て始める

夕陽が水平線に沈むのを見ると
捨てるということが
少しも哀しくないことに気づき
明日という日が
必ずくるように思えてくる

海の子は
心がひろびろとしてきても
そのことに気づかずに
いつまでも水平線を見ている

 f:id:taamori1229:20150130075201j:plain
       <新島・東京都>

『東京逍遥純情詩集('80~'85)』より