★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

無題

小鳥のさえずりが
僕の部屋に満ちてくると
やさしい風のように
朝日が僕を包んでくれる
手にいっぱいの朝日を持って
駆けていこう

やさしい風が僕を誘って
きれいな音色を奏でるとき
窓の隙間を通して
朝の爽やかな町が見える

『福島青春焦燥詩集('75~'80)』より