★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

酔狂日記

誕生日プレゼント

宮崎に在住の友人がいつもこの焼酎を送ってきてくれる。 今回は誕生日月なので特別だといって送ってきたのが、 チョコレートである。焼酎をゼリー状にしてチョコレートでくるんだもの。芋焼酎の苦みで全体的に甘さが控えめになっている。 酒樽の形をしていて…

ハリウッド的新入社員発表会入門

多くの会社では新入社員が入社してから1年目あるいは2年目くらいに発表会が行われることだろう。それは入社して最初に与えられた仕事について取り組んできた経験や成果について会社幹部をはじめとする大勢の社員の前で発表する大切なセレモニーである。新…

昨日の友は今日の敵

とある地方の町で私はある人と夕食を一緒にすることになっていた。待ち合わせの時間まで少し間があったので駅前のカフェで時間をつぶすことにした。いつものようにアメリカンコーヒーを注文して奥の喫煙室に向かう。扉を開けて灰皿を手に椅子に座って煙草に…

オーク島の秘密

オーク島は、カナダ北東部、大西洋に面した小さな島である。 1795年の夏のことである。13歳のダニエル少年は友人二人とこの樫の樹に覆われたこの無人島を探検した。そこで少年たちは人間の居住跡と縦坑を発見する。当時、海賊と隠された財宝の話は耳に…

ステーキ肉みたいな。

これは何か? 方眼の罫線が入っている。ちょっと変わった形のメモである。裏のデザインは、 ステーキ肉である。さらに、 こうして束になった立派なメモ帳である。さらに、 こういうプラスチックの容器に入れられて、 こういう包装をされて店に陳列されている…

とある修行僧との対話

あてもなく旅を続けていた私は偶然みつけたその山に惹かれるものを感じてそれに向かって歩くことにした。その山のふもとまで来てみるとそこに「登り口」と書かれた道標があった。その道標の写真を撮っていると、道の反対方向から一人の年配の修行僧が現れた。…

日本人は何人いたのか?

心霊写真特集のような記事やテレビ番組をみていていつも気になることがある。それは①外国人の霊が少ない、②裸体の霊が少ない、③古代人の霊が少ない、ということである。①については地縛霊というだけあって霊は土着する傾向があるということなのであろうか。…

仮設トレコン

こんな夢を見た。私は大観衆の中、ホールの一番後ろの席に座っていた。 仮設トイレコンテスト。 なぜコンテストなのかというと登場の前に「エントリーナンバー5番、橘ルミ、オーロラ3人娘!」というアナウンスが聞こえたからである。

ギターチューナー最終進化形

ギターの弦を調律するためのチューナーであるが、最近購入した最新型のタイプがこれである。 アコースティックギター専用。ホールを利用して固定する。もう少し拡大すると、 この1から6の赤色ランプは弦を鳴らすと自動的に識別してどの弦かを表示する。写…

昭和秘密基地(前編)

伊豆高原の一角で秘密の基地が建設されているという噂を耳にしてやってきた。基地の全容はこんな感じである。幹線道路沿いに堂々とあって車からもよく見える。全然、秘密ではない。 基地の内部の様子はというと、 特に解説できるものはない。そもそも理解で…

会津郷土料理・つゆじ

故郷に帰ったときに母がいつでも作ってくれた料理に「つゆじ」というのがある。福島県会津地方の郷土料理で、誰かに作り方を教えてもらったのだと話していた。 japan-word.com たいへん素朴な料理ながらなかなか奥深い味わいだった。母が亡くなってから当然…

ハカセ君のその後

オバケのQ太郎のハカセはめでたく最優秀ハカセ大賞を受賞した。 taamori1229.hatenablog.com 実はオバケのQ太郎には正太、よっちゃんそして他の友達が成人したあと(推定では20年後)の後日談がある。題して『劇画・オバQ』。 これが成人後の正太とハカセ…

夜の港で見つけた小さい秋

駅前の通りを西に向かって歩いていく。小さな繁華街を抜けるととたんに町の明かりは途絶え、町並みも人通りも寂しくなる。それにめげずに歩いていく。ちょうどあきらめて引き返そうかと思う微妙な距離にこの居酒屋がある。それはまるで長旅で疲れ果てた船を…

皿みそ

徒然草の第215段にこんなエピソードがある。 平宣時朝臣が、年老いて後、昔語りに、「最明寺入道(五代執権北条時頼)が、ある宵の間にお呼びになる事があったので、「すぐに」と申しながら、しかるべき直垂がなくてあれこれしている間に、また使いが来て、…

切符は正しく目的地まで買いましょう

仕事柄、東北新幹線を利用して仙台に出張することが多い。仙台駅から戻る時は東京駅まで新幹線を利用して、そこから会社のある横浜まで東海道線に乗り換える。 これに関連する首都圏の路線図を下図に示す。 かねてから謎だったことがある。それはこの乗車運…

黄昏時のホームで今日も無情に発車のメロディが流れる

とある城下町。駅のホームから見渡せる町並みには会社帰りの乗客を待つ明かりがちらほらと灯り始めるころだった。家路へと向かう乗客で混雑している下りのホームとは裏腹に、人影まばらな上りのホームでは始発電車が刻々と迫る発車の時間を待っていた。 少年…

K駅への最適アプローチ(その2)

taamori1229.hatenablog.com まず、あらためて問題を整理する。 <K駅への最適アプローチ問題> 前回の議論では一定の速度αで移動した場合においては、Kは速度αによらず、 となることを示したがこれをさらに一般化して、電車の到着は気にせず時間的な変化を…

色でいうと群青色の泣きたいような夜に

鈴木翁二の缶バッチを手に入れた。 星のきれいな夜にはハーモニカをポケットにしのばせて誰もいない夜道を歩いてみたい。どこかにまだ起きている子供がいて、遠くの送電線の音にじっと耳をかたむけているような気がして。

京都鉄道博物館

19世紀末のアメリカでは鉄道網の建設が急ピッチで進められ、それが間もなく完成しようとしていた。そんな時代の話である。そこに鉄道関係者にとっては不穏なニュースが流れる。それはベルの発明した電話による全米電話網の整備開始のニュースである。鉄道…

善意の拡散についての考察

私はとある10階建ての集合住宅に住んでいる。仕事柄、帰宅する時間はいつも遅い。集合住宅のエレベーターは一基しかないので帰りついたときにエレベーターが地上階にないことが多く疲れているのにボタンを押して待つことになる。夜の9時を回ると外出する人…

一つの宇宙観

段々広場

こんな夢をみた。 観光地らしいところに5~6人のグループで遊びに来ている。とある扉をあけるとそこには段々の舞台があってずっと下まで続いている。前にベレー帽をかぶったおじさんがいて赤い欄干を飛び越えるとストンと下に落ちた。びっくりして駈け寄る…

夏休みの辞書

【あ】・赤城しぐれ・あさがお・汗・あずきバー・浮き輪・打ち上げ花火・うちわ・ウナコーワ・海・絵日記・塩素・縁日・オバQ音頭・お面 【か】・貝殻・海水パンツ・海水浴・かき氷・家族旅行・課題図書・型抜き・蚊取り線香・カブトムシ・カルピス・川・蚊…

いつもの朝の向こう側には

最近、休みの朝はできるだけ早く起きて家の近所のファミレスで過ごすことにしている。そこでトーストとコーヒーの簡単な朝食をとり、持ってきたノートとペンでとりとめないことを書き記してのんびりと休日の午前中を過ごすのである。そのファミレスは1階が…

カキモリ文具店

さてなんだかわからない人も多いと思うが知る人ぞ知る文具屋さんである。創業は2010年なので老舗というわけではない。まずはホームページをご覧になってほしい。 たのしく書く人。カキモリ 万年筆とノートが好き、そして書くことが大好き、そんな素直な気持…

ロト・スクラッチャーズ

電車のつり革広告でみて最寄りの駅でさっそく購入した。一枚200円で10枚セット。 当たりは一枚だけ、5等(ウルトラマンが5個。賞金:千円)。まあ、こんなものだろう。 そういえば、と思いだして机の引き出しの奥から見つけ出したのがこれ。 カリフォ…

Monolith?

この写真の日付は2011年の3月11日となっているからもう6年前のことである。私はその日、アメリカのアトランタの空港にいてこの不思議な物体を目撃した。 空港内、出発ゲートに向かってコンコースを歩いていると、唐突にこの不気味な物体に出くわした。なん…

デニーズ1号店

アメリカのデニーズ。日本と同じく全米各地にあるレストランのチェーン店である。写真はサンタクララ市のエルカミーノ街にあるデニーズ。 典型的な朝食メニュー。 日本と同じくコーヒーは飲み放題。アメリカでのデニーズは白人の客は少なく、決して高級では…

6年目の春

福島市内を歩いていると駅前と町中の広場にキャンドルの列がありました。 今日は3月11日。6年目の今夜は、犠牲者の方の追悼と復興祈願のキャンドルナイトです。 思い思いのメッセージが色鮮やかに描かれています。 そして、 強い絆の中できっと福島にも…

小さな春のスケッチ

神奈川県内のとある小さな駅の北口に駐輪場の大きな建物がある。その建物の周囲には30センチ幅程度の小さな花壇が設けられている。いつもならば通り過ぎるだけだったが、今朝はちょっと目を奪われて立ち止まった。きっと春のいたずらかもしれない。 日当たり…