★Beat Angels

君がすべきことはただ一つ、ニューヨークへ行くことだ -ジャック・ケルアック

京都鉄道博物館

19世紀末のアメリカでは鉄道網の建設が急ピッチで進められ、それが間もなく完成しようとしていた。そんな時代の話である。そこに鉄道関係者にとっては不穏なニュースが流れる。それはベルの発明した電話による全米電話網の整備開始のニュースである。鉄道…

K駅への最適アプローチ

いつも利用するK駅とその周辺の商店街は次の図のようになっている。 大通りを曲がってK駅前の商店街の通りに入る。駅前通りをまっすぐ歩いていくと目指すK駅に徒歩10分で到達する。乗りたい電車は10分間隔でやってくる。駅前通りは直線で平たんなので…

善意の拡散についての考察

私はとある10階建ての集合住宅に住んでいる。仕事柄、帰宅する時間はいつも遅い。集合住宅のエレベーターは一基しかないので帰りついたときにエレベーターが地上階にないことが多く疲れているのにボタンを押して待つことになる。夜の9時を回ると外出する人…

木枯らし紋次郎に必要なものはすべて人生から学んだ。あ、逆か。

小学校の夏休みの宿題に「動くおもちゃ」というテーマの自由工作があった。それは回転運動を直線運動に変換するいわゆるカムの原理を応用したおもちゃであった。僕は楕円型の円盤を回し上に載ったサーフィンの人形が上下に波乗りをするというものを製作した…

一つの宇宙観

類数列

数学の話題で類と言えば、Wikipediaによると、 ▮類(クラス) 集合論及びその応用としての数学におけるクラスまたは類(るい、英: class)は、集合(または、しばしば別の数学的対象)の集まりで、それに属する全ての元が共通にもつ性質によって紛れなく定義さ…

段々広場

こんな夢をみた。 観光地らしいところに5~6人のグループで遊びに来ている。とある扉をあけるとそこには段々の舞台があってずっと下まで続いている。前にベレー帽をかぶったおじさんがいて赤い欄干を飛び越えるとストンと下に落ちた。びっくりして駈け寄る…

利久の牛タン定食

仙台と言えば、牛タンである。1948年(昭和23年)に初めて牛タン専門店ができたのが発祥と言われている。その後、地元に根付き仙台名物として全国的に知られるようになった。定番は牛タン定食。麦ごはん、牛テールスープ、漬物には青唐辛子の南蛮味噌…

天使じゃないわ

赤い車のホロをはずして飛ばすハイウェイ星の降る夜ね胸のピアノをかき鳴らして風の五線紙に愛をつづるの いつまでたっても優しすぎるあなた時にはちょっと乱れてもいいのよこんな夜は 大人じゃない子供じゃない微妙な年ごろね泣きたいほどあなたが好きもう…

夏休みの辞書

【あ】・赤城しぐれ・あさがお・汗・あずきバー・浮き輪・打ち上げ花火・うちわ・ウナコーワ・海・絵日記・塩素・縁日・オバQ音頭・お面 【か】・貝殻・海水パンツ・海水浴・かき氷・家族旅行・課題図書・型抜き・蚊取り線香・カブトムシ・カルピス・川・蚊…

アクアリウムの午後

透明なガラスの上に描く夏の日水色の絵の具で染めた雨の水曜日 光の泡と戯れ魚たちが躍る胸にしまいきれない言葉たちのように 夏の余熱を残す本のページをめくってあてもなく思い出をたどる雨の水曜日時間も忘れて忘れて www.youtube.com

一日警察署長アミちゃん

アイドル歌手のアミちゃんは一日警察署長という大役を仰せつかって東京郊外にあるその町にさっそうとやってきた。 朝、駅前広場で就任式が執り行われた。朝早いのにもかかわらず大勢のファンが押し掛けて歓声を上げていた。そこで制服姿でタスキをかけたアミ…

缶ビールの重心定理

ビールのおいしい季節になった。缶ビールをあけたとき、その重心の高さはほぼ中央の高さにあるだろう。ビールを飲み進めるにしたがって当然重心は下がっていく。どこまでも下がるかというと缶そのものの重さもあるのでそう簡単でもない。完全に飲み干してみ…

駅のホームから覗く深淵(『バベルの塔』展)

その晩、私はとある地下鉄の駅のホームにいた。すでに終電に近い時間だったのでホームには2,3人連れの酔客たちが何組かいてその話し声が響いているだけでとても静かだった。その駅のホームにはクリーム色のホームドアが両側に設置されていたのでそれに仕…

休日カレー

休日にカレーを作りました。材料は近所のスーパーで買ってきました。 後方に並ぶ小瓶の列に御注目。スパイスにもこだわりました。市販のカレールーにカレーパウダーを加えて味に深みを与えます。玉ねぎ2個をみじん切りにしてその半分はしっかりと油で飴状に…

いつもの朝の向こう側には

最近、休みの朝はできるだけ早く起きて家の近所のファミレスで過ごすことにしている。そこでトーストとコーヒーの簡単な朝食をとり、持ってきたノートとペンでとりとめないことを書き記してのんびりと休日の午前中を過ごすのである。そのファミレスは1階が…

カナディアン・スナイパー

少々物騒ではあるがこういうニュースが流れた。 www.bbc.com カナダのスナイパーが3.5km先にいる標的に命中させたという。 狙撃距離3.5kmは渋谷駅と新宿駅の間の距離に相当する。かの有名なスナイパーゴルゴ13でも最大狙撃距離は2kmと言われているから現実…

朝のコージ君

横須賀線沿線に住むコージ君の朝は満員の通勤電車で始まる。始発駅の隣の駅から電車に乗り込むのでたいていは席に座ることができる。コージ君の勤める会社は横浜駅の次の新川崎駅にあった。座る席は降りる駅のエスカレータの近くの扉のすぐ横と決めていた。…

常磐線特急と黄門弁当

先日、茨城県の勝田市を訪れる用事があり、久しぶりに常磐線の特急電車に乗った。席に座って上を見上げてみると、 首都圏のローカル線のグリーン車でみかける表示か、と思ったがこちらでは黄色のランプもある。自分の席の上を見てみると、 自分の席は緑色で…

『サージェント・ペパーズ(50周年記念版)』

発売から50周年を記念して発売。この伝説的なアルバムで各パートの音をクリアに再現したリミックス版。前面にできるべき音がきちんと前面に出て、ちょっとしたギターの指使いとかが鮮明に聞き取れて聞くたびに新しい発見がある。 このアルバムはもともとコ…

メビウスの箱(その2)

メビウスの箱の原理とは、 ▮メビウスの箱の原理メビウス(タバコ)の箱のように3つの慣性主軸に対する3つの慣性モーメントが異なる剛体の回転においては、最大、最小の慣性モーメントとなる主軸を中心とした回転は安定しているのに対して中央の慣性モーメ…

ツタの絡まる家

こんな夢を見た。 気が付くと夜道を歩いている。真夜中なので誰もいない。ふいに通りの右側の家が明るくライトアップされた。防犯用のライトか、と思う。ライトは豪邸を映し出した。塀にはツタが生い茂っているがそれが家の壁まで伸びている。ツタの流れを目…

カキモリ文具店

さてなんだかわからない人も多いと思うが知る人ぞ知る文具屋さんである。創業は2010年なので老舗というわけではない。まずはホームページをご覧になってほしい。 たのしく書く人。カキモリ 万年筆とノートが好き、そして書くことが大好き、そんな素直な気持…

おでん論

会社の同期と久しぶりに二人で屋台のおでん屋に出向き、おでんと熱燗で一杯ひっかけた。以下はその時の会話の記録である。 -こうして二人で飲むのは久しぶりだな。以前は会社で毎朝顔を合わせて挨拶していたのに、お前が車で通勤するようになってからまった…

定本・室生犀星詩集

書棚の中で最も古い本。 学生時代に近所の古本屋で見つけた。タイトルは犀星の直筆。当時、3,500円。それでも決死の覚悟で食事を切り詰めてなんとか手に入れた。 発売当時、定価3円。犀星の印が押されている。印刷は昭和16年(1941年)12月15日だから太平洋…

ウルトラな街(世田谷区祖師ケ谷)

連休を利用してウルトラな街である小田急線沿線の祖師ケ谷大蔵を訪れた。新宿から電車で20分ほどの世田谷区の閑静な住宅街である。 ウルトラな街は自称である。 どのあたりがウルトラなのかを報告する。まず、駅構内の柱には全兄弟の肖像写真が飾られている…

ロト・スクラッチャーズ

電車のつり革広告でみて最寄りの駅でさっそく購入した。一枚200円で10枚セット。 当たりは一枚だけ、5等(ウルトラマンが5個。賞金:千円)。まあ、こんなものだろう。 そういえば、と思いだして机の引き出しの奥から見つけ出したのがこれ。 カリフォ…

峠駅スイッチバック遺構

奥羽本線の板谷駅から歩いて1時間半、目的地である峠駅までやってきた。 ■JR峠駅(新ホーム) 駅を探して細長い三角屋根の建物に近づいてみると、 峠駅の看板と入り口らしきものが見えた。養鶏場とおぼしきこの建物がまさしく駅舎なのであった。 中は真っ暗…

板谷峠を越えて奥羽路

福島駅からJR奥羽本線(米沢線)で30分ほどで板谷駅に到着した。そこで下車して隣の駅である峠駅まで歩いてみることにした。行程を下図に示す。 板谷駅を降りて歩き出すとすぐに急な登りの山道が続く。道路は一応舗装はされているものの車一台ががやっと通れ…

種まきウサギの季節

大型連休を利用して福島市を訪れた。天候は晴れ。福島駅の西口にあるコラッセふくしまというビルの12階の展望ルームから望んだ吾妻連峰。 こちらは窓に描かれた解説図である。できる限り、実物と構図を合わせたつもり。 吾妻小富士が相変わらず美しい。そ…